CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ミドリ写真舘
OTHERS
ミドリ写真舘
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2015.11.10 Tuesday | |
カンボジアトリメン

カンボジアとり麺は朝食の人気メニューでした。ホテルの一番近くにあった食堂では、朝のメニューはとり麺かぶた飯でした。もしかすると、それしか目に入らなかったのかも知れません。

米の麺です。A店でもB店でも120円でした。ちょっと高いです。炭火焼ぶたのせ飯は100円ですので、朝食としては値がはりました。味はあっさりスープにあっさり野菜とジューシー鶏肉。鶏肉は脂っぽくはなかったのでブロイラーではないのかもしれません。アンコール・ワットへの道にあるてんぷら屋に着くまでの1時間半はこれでお腹が持ちました。東南アジアでは骨がついていない鶏肉は考えられないです。骨も味の一部です。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2014.09.22 Monday 14:25 | |
カンボジアめし2

首都プノンペンの物価の倍だと言われるシェムリアップ。観光地価格になっているのだが、街中よりもアンコール・ワットやバイヨンといった寺院や遺跡近くの食堂の方がはるかに高い。街中では1本0.75ドルの缶ビールが2ドルになってしまう。しかし、食事の度、ビールタイムの度、街へ戻ることは出来ない。暑い中、高いというのはビールを飲まない理由にはならないですね。

クメール料理のアモックがお洒落にココナツに入ってでてきました。見たとおりの野菜と魚がココナツミルクで煮込まれています。レモングラスの香りが効いていてグリーンカレーを食べているような気がしてきます。ナンプラーが後味で口に残り、クメール料理、カンボジアで食べているんだ!というのを実感します。クバール・スピアンという遺跡の出口の小さな食堂で大した数のメニューではありませんでしたが、味は大したもんでした。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2014.09.19 Friday 10:27 | |
南国

パームの木が生える田んぼ。日本にはない光景です。カンボジア・シェムリアップからトウックトウックに乗って30分くらいでこんな南国のどかな場所に飛び込めます。

パームはココナツよりも価値があります。パームの樹液から作る砂糖美味しいです。パーム油あるし建材としても高く売れます。葉っぱは屋根になります。生活に役立つ木です。
そう、陰も作ってくれます。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2014.09.14 Sunday 19:00 | |
バコンの僧

満月の夜中に僧侶が塔に登り、読経しているのか、詩を読んでいるのか。
カンボジアを感じさせてくれました。

ミドリ写真館 畑 勝浩
| 写真 | 2014.09.13 Saturday 16:13 | |
バコン3

バコン寺院ピラミッドの全景。ヒンズー教の寺院でしたが、現在はその広い敷地内に仏教の寺が建っています。
30秒露光なので星が少し動いています。
あえてパソコン・PSでは何も加工していません。

ミドリ写真館 畑 勝浩
| 写真 | 2014.09.11 Thursday 08:44 | |
エスファハーン

イランでもスマホで写真撮って、友達にまわすのが流行っているみたい。ちょっと声を掛けるとニッコリ微笑んでくれるので、ついついシャッターを押してしまう。くったくのない笑顔が素晴らしい。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2013.08.29 Thursday 10:21 | |
みさきちゃん

みさきちゃんの可愛い可愛い百日です。シェーのポーズが好きなみさきちゃん。カメラの前で勿体がらずに披露してくれました。

パパママが気に入って下さったのが、二人の間で泣いているみさきちゃんの写真。泣いていても可愛いですもんね。何年かすれば、この写真見ながらの”みさきちゃん成長話”に加えて貰えそうです。1才誕生日や七五三ではどんな顔を見せてくれるのかな。今から楽しみです。

着物とスーツということもあって少々堅めに撮影したのですが、「最後に自然な感じの写真、追加で撮って!」の一言で再び燃えたのでありました。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2013.05.09 Thursday 12:40 | |
妖精か?いや、まおちゃんだ。

出産シーン撮影からのお付き合いのまおちゃん。年に1回くらいしか顔合わせることはないけれど、間違いなく年々可愛さが超増幅されている。

このたまらなく可愛い顔をどう写真に撮るかが、僕の仕事である。こういうことが仕事なのは幸せそのものである。20代の頃は技術に走った。どういう光を当てるか、すなわちライティングを中心に勉強した。東京や福岡にいい先生がいると聞けば、すぐに教えを請いに出かけたものだった。

今、感じるのは、子供達、大人もだけれど、人の持っているそれぞれの心の温かさである。心の豊かさである。

ミドリ写真館のスタジオ写真では笑かすことはほとんどないんです。ただリラックスして貰うだけです。子供も大人も、さあ写真撮るぞ、となると緊張するものです。それを少しでも薄くするだけなんです。

我が子がよちよち歩けば、それだけで親は十分に幸せ。スタジオで見せる表情は親にとっては一つ一つが宝物。偽物は親ならすぐ分かる。

親子5人に立って貰うと自然に立場所は決まる。お父さんにくっつきたい子、お母さんに甘えたい子。それを崩すことはミドリ写真館ではしません。写真的にちょっとよくなるよう、ちょっと手を加えるだけです。コンテストで入賞するより、家族の宝物にしてもらえるほうがいいもんね。

心身ともに少しでも自由になって貰うのがミドリ写真館流写真撮影心得なのよ。写真ポーズは人それぞれにあるもんなんですよ。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2012.06.26 Tuesday 09:59 | |
今回も素晴らしかった、一笛師匠リサイタル

福原一笛(いってき)リサイタル模様を写真でお伝えします。音が聞こえてくるようですと、写真を撮った方とすると嬉しいです。本物の音が聞きたい方は、是非次回のリサイタル、コンサートへお越しください。
一笛さんから声がかかるようになってから約10年。ますます素晴らしい音を奏でる一笛師匠のお側に仕えております。ミドリ写真館スタジオでは通常は一笛師匠の絃奏曲〜笛でクラッシック〜を流しています。このCDは持たなきゃ損、の一枚です。今回の新しいCDもいいですよ〜。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2012.06.04 Monday 10:19 | |
もうすぐサライ写真展

ラオスでトレッキングに挑戦。ガイドはそこいらにいる少年。いい小遣い稼ぎになるのだろう。丸一日、40キロ歩いたそうだ。初めから知っていたら申し込まなかっただろう。霧が立ち込める中歩き始め、日没頃村に戻った。参加者は二人。遅れる訳にもいかない状況だった。山の頂付近で急に視界が開けた。村があった!子供達は元気よく遊んでいる。おっと、コマ回しじゃないか。ラオスの暑い休日、日本の正月に心がワープした。写真で表現する、印象に残る顔シリーズをすると1位から5位くらいはパプアニューギニア人になってしまう。素晴らしい個性を放ってくれている。第二次世界大戦でパプアニューギニア独特の文化を取り去られ、キリスト教会が国中に乱立され、英語を喋るようにされ、物々交換から貨幣を持つように変えさせられ欧米の市場拡大に取り組まれたにも関わらず、素晴らしい独自性を保ち続けている。BPが貴重な天然ガスを持ち出そうが、気にすることなく昔ながらの服装を続ける。格好いい。

ミドリ写真館 畑 勝浩 福井県越前市粟田部町34-30
| 写真 | 2012.05.29 Tuesday 09:44 | |